使い方 天然石情報 浄化

水晶ポイントの使い方・使い道

投稿日:

水晶ポイントとは

数多くあるパワーストーンの中で、たくさんの効果があることから「万能の石」と呼ばれる水晶は、クォーツ(石英)のうちとくに透明度が高く、無色のものを指します。

同じ基盤から柱状化した水晶が群生した状態を水晶クラスターといい、水晶クラスターから一本を切り離し、単一の結晶となった水晶を水晶ポイントと呼びます。

六角形の結晶が真っ直ぐに柱状に伸び、先端が尖っている形状が一般的ですが、なかには両端とも尖っている水晶ポイントも存在し、ダブルポイント、両剣水晶などと呼ばれています。

水晶ポイントは、生成される過程で縞模様の線がひとつひとつの面に入ります。

これは成長線といい、木でいう年輪のようなものです。成長線があることは研磨やカットが施されていないという証となり、天然石らしさが際立ちます。
逆に、研磨や加工を行った水晶ポイントは、側面がガラスのように平らになり美しい艶が出ます。

水晶ポイント含めパワーストーンは未加工・加工の形状それぞれで、見た目や効果が少しずつ変わってくると言われていますが、1番は好みや直感といった、自身の感覚を大事に選ぶのがいいでしょう。

 

写真:代表的な水晶ポイント

 

写真:水晶ダブルポイント



特徴

古くから、魔除けやお守りとして使われてきた水晶。

水晶ポイントの最大の特徴は、先端に向かってパワーが集中していることです。

この先端部分にはネガティブなエネルギーを断ち、ポジティブなエネルギーを増幅して放出する作用があり、また人それぞれの持つパワーを増幅してくれる力も持っています。

悪い運気を断ち幸運を呼び込む、ネガティブ思考からポジティブ思考に、自身の強みを活かしてより魅力的になる、というように、自身で幸運に向かうためのきっかけを作ってくれます。

また、パワーストーンや空間の浄化、心身の不調の改善や、リラックスの方法としてクリスタルヒーリングに使用されることもあります。

詳しい水晶の意味・効果については「パワーストーン辞典-水晶」を参照してください。

 

使い方

ここでは水晶ポイントの2つの使い方を紹介します。



パワーストーンの浄化

1つめは他のパワーストーンなどの浄化アイテムとしての使い方です。

水晶は強い浄化作用を持つ結晶で、自浄作用もあると言われています。

パワーストーンは身につけ、使っていくことで他の気やエネルギーを取り込み、パワーに曇りがみえていきます。

そんなときは、水晶ポイント4本を四方から対象に先端を向け、数時間置いてみましょう。

先端から浄化のエネルギーが放出されることで、本来の力を取り戻すことができます。

 

部屋の置物(邪気払い)

2つめは、空気・空間の浄化アイテムとしての使い方です。

玄関や窓といった、人や気が出入りする場所の両端に立てておくことで、外からの邪気を払うことができます。

先端を外の方向に向けることで大きな効果が期待できるといわれています。

水晶ポイントはインテリアとしても使えるため、日常的に置いておくと良いでしょう。

机の上などの狭い空間であれば中心に一本、部屋であれば四隅に立てて数時間置くとなお効果的です。

 

商品一覧

水晶ポイント使い方ページは「天然石 パワーストーン LuLu House」が運営しております。

多数の水晶ポイントを取り扱っておりますので是非ご覧ください。

 

水晶ポイント商品一覧

 

このサイトについて




このサイトについて




-使い方, 天然石情報, 浄化

Copyright© パワーストーン 天然石通販 LuLu House(ルルハウス) , 2019 All Rights Reserved.