天然石情報 選び方

チャロアイトの選び方(ポイントは色、マーブル模様)

投稿日:

チャロアイトとは

世界三大ヒーリングストーンとして人気の高いチャロアイトは、和名ではチャロ石といいます。

美しいマーブル模様が人々を魅了する紫色の結晶です。

1978年に新鉱物として認定された、比較的新しいパワーストーンです。

 

写真:マーブル模様が美しいチャロアイトペンダント

 

鉱物情報

色:濃紫色、鮮紫色

条痕色:白

モース硬度:5~6

比重:2.54~2.58

劈開:三方向に明瞭

断口:貝殻状

結晶系:単斜晶系

化学組成:珪酸塩鉱物 K(Ca,Na)2Si4O10(OH,F)/・H2O

透明性:なし

光沢:ガラス光沢、真珠光沢

屈折率:1.55~1.60

多色性:明瞭

蛍光:弱

産地:ロシア

カット:カボション、ビーズ



効果

癒しのパワーは絶大で、心身の働きを正常にする力があるとされています。

精神と感情のバランスを保ち、不安や恐れを克服するよう導きます。

詳しい意味・効果については「パワーストーン辞典-チャロアイト」を参照してください。

 

特徴

黒色部分はエジリン(Aegirine)、グレーの部分はマイクロクリン(Microcline)、オレンジ色の部分はティナクサイト(Tinaksite)という新鉱物です。

これらの鉱物集合体として、繊維状や放射状で産出します。

比較的硬度が低い石です。超音波洗浄は避け、保管の際は柔らかい布に包むなど注意が必要です。

 

選び方のポイント

天然石は一つ一つ違う模様や形をしていて、選ぶときに悩んでしまいます。
ここでは、天然石ショップ店長だからこそ分かる、おすすめの選び方をお教えします。



産地

ロシアのサハ共和国、ムルン山塊でしか産出されない希少な石です。

品質

紫、白、黒が綺麗に混ざり合ったマーブル模様が美しいものが上質とされています。

 

値段

ロシアでしか採掘されない希少性と、ヒーリングストーンとしての需要の高まりから、近年では価格が高騰しています。

 

お得な選び方

ロシアのムルン山塊でしか産出されませんが、それも枯渇気味になり採掘量に制限がかけられたとの噂もあります。

年々、良質な紫色の石の流通が減っており、この先も流通量が増える可能性は低いと思われます。

価格を抑えてチャロアイトを探すのであれば、小さめの石のもの、またはグレードが落ちるものを狙うしかないでしょう。

良質なチャロアイトのビーズと水晶などを組み合わせたブレスレットはやや手ごろなものが見つかるかもしれません。

黒色が多いもの、白色が多いもの、マーブル模様が不均一なものもグレードが下がり、価格も抑えられそうです。

今後もチャロアイトの価格高騰は続くかもしれません。気に入ったチャロアイトに出会えたら、購入の検討をお勧めします。

 

 

商品一覧

チャロアイト選び方ページは「天然石パワーストーンLuLuHouse」が運営しております。
チャロアイトも品揃え豊富ですので、是非ともご来店ください。

 

アイテム別商品一覧

 

チャロアイトペンダント・ネックレス商品一覧

 

 

チャロアイトブレスレット商品一覧

このサイトについて




このサイトについて




-天然石情報, 選び方

Copyright© パワーストーン 天然石通販 LuLu House(ルルハウス) , 2019 All Rights Reserved.