天然石情報 選び方

プレナイトの選び方(ポイントは発色、不純物の少なさ)

投稿日:

プレナイトとは

ブドウ状の塊で採取されることが多いことから、日本では「ブドウ石」とも呼ばれます。

玄武岩の割れ目や空洞に、ペクトライト(宝石名はラリマー)などとともに産出する石です。

南アフリカの喜望峰でこの鉱物を発見したオランダのフォン・プレーン大佐にちなんで名づけられたといわれています。

 

写真:透明度が高いプレナイトペンダント

鉱石情報

色:淡緑色~濃緑色、黄色、帯黄緑色、灰色、白色、無色

条痕色:無色

モース硬度:6~6.5

比重:2.88~2.94

劈開:完全

断口:不平坦状

結晶系:斜方晶系、板状・微小結晶、腎臓状、ブドウ状集合体、塊状

化学組成:水酸基をもつカルシウムとアルミニウムの珪酸塩 Ca2Al2Si3O10(OH)2

透明性:透明から半透明

光沢:ガラス光沢ないし絹糸光沢

屈折率:1.61~1.64

複屈折:0.030

分散度:なし

多色性:微弱な三色性

蛍光:常に微黄濁

産地:オーストラリア、イギリス、カナダ、アメリカ、フランス、イタリア、ドイツ、ロシア

カット:ステップ、バゲット、カボション



効果

冷静な判断力を身に着けるよう促し、周囲との協調性を養うとされます。

詳しい意味・効果については「パワーストーン辞典-プレナイト」を参照してください。

 

特徴

透明~半透明のオリーブグリーンで、ブドウの粒が集まったような状態で産出されます。

色は主に黄緑色ですが、黄褐色を示すものもあります。

硬度も比較的低く、熱に弱い性質のため、取り扱いには注意が必要です。

 

選び方のポイント

天然石は一つ一つ違う模様や形をしていて、選ぶときに悩んでしまいます。
ここでは、天然石ショップ店長だからこそ分かる、おすすめの選び方をお教えします。

産地

地球上でもっとも一般的にみられる岩石である「玄武岩」の割れ目や空洞から産出されるので、ヨーロッパやアメリカなど、広く世界中で採掘されています。

現在では、オーストラリアで採掘されるプレナイトが上質であると人気が高まっています。



品質

透明度が高く、色が美しいものが良質です。褐色がかった淡いクリーム色のものにはキャッツアイ効果を現すものがあります。

 

値段

黄色のプレナイトもありますが、マスカットグリーンの石が人気があるようです。みずみずしさを感じる艶のあるものはやはり高値になる傾向があります。

採掘する際に壊れやすいため、大きなブドウ状のままの原石を見かけることは珍しいかもしれません。モコモコした特徴的な姿のままの原石もやはり高価なことが多いです。

 

お得な選び方

不純物のない美しい単色のものが上質な石です。黒色の不純物がないかチェックしましょう。

小さめの石、黒色の内包物があるものは価格が下がる傾向があります。

しかし、やはりプレナイトといえば美しいマスカットグリーンですので、できるだけ内包物が無いもの、少ないものを探すことをおすすめします。

 

写真:透明度が高く不純物のない小さめのプレナイトを使用したペンダント

 

商品一覧

本プレナイト選び方ページは「天然石パワーストーンLuLuHouse」が運営しております。
プレナイトも品揃え豊富ですので、是非ともご来店ください。

アイテム別商品一覧

プレナイトペンダント・ネックレス商品一覧

このサイトについて




このサイトについて




-天然石情報, 選び方

Copyright© パワーストーン 天然石通販 LuLu House(ルルハウス) , 2019 All Rights Reserved.