使い方 選び方

フローライト原石の選び方と使い方

更新日:

フローライト原石とは

フローライトは、和名を蛍石といわれています。色のバリエーションが多く、無色の他、緑や青、黄色やピンク色、褐色などがあります。産地もイギリスやアメリカ、スペイン、ドイツ、中国や日本などとさまざまです。

原石は結晶が美しく、専門家にも愛好者が多く鉱物の標本としても人気が高いようです。

原石のフローライトをカットしたものは大変美しいですが、硬度が低いため、ちょっとした衝撃にもかけてしまうことがあり、宝石として加工されることはあまりありません。

また、フローライトのなかには、自然光で時々色が変化しているものもあります。

写真:代表的なフローライト原石

 



 

意味・効果

フローライトは、パワーストーンとしてさまざまな意味を持っています。天才の石ともいわれ、勉学に関係した効果があるそうです。

大人になることで固定化された思考のパターンなどから自分を解き放し、子どものような自由な思考を高めてくれるのです。脳を活性化させ記憶力などを高める石でもあり、受験勉強のときにも役立ちます。

また、問題解決を導く石ともいわれ、悩みや迷いがある人にはエネルギーを純化することで、解決の方法を見つけてくれます。

詳しい意味・効果の説明は「パワーストーン辞典-フローライト」を参照ください。
また、フローライトと他の石の相性については、「フローライトと相性の良い石・悪い石」に詳しく記載しております。

 

選び方

フローライトは、どのようなものを選んだらいいでしょうか。

この石は世界各地に産地がありますが、日本で見られるフローライトの主な産地は中国であることが多いです。ですから、日本では産地による値段の差はあまりないでしょう。

一般的に天然石の値段は透明度の高い石ほど高価になります。フローライトは、透明な石がほとんどであるため品質による価格の差もあまりありません。

しかし、グリーンフローライトクラスターというものにおいては、透明なところが多いものほど高くなります。

大きさにおいては、重さが重いものほど金額が上がります。値段を抑えて購入したいときは小さめなものを選ぶことをおすすめします。

また、フローライトの形状によって値段に差が出ます。加工の割合が多ければ多いほど高くなるので、安価に手に入れたければ小ぶりのフローライト原石を購入するようにしましょう。



 

使い方

フローライトは、さまざまなカラーがありますが、その色によって意味が変わってきます。

無色のものなら心身バランスの均整化や浄化に役立ち、緑色なら集中力や健康にいいでしょう。緑色や無色のフローライトを寝室に置けば、質のよい睡眠が期待できます。

また、紫色や緑色のものは勉強机に置くことで、集中力も高まるので学習もはかどるといわれています。

将来に不安があり落ち着かない場合には、フローライトを手にとりゆっくりと深呼吸するのもいいです。ほかには、アクセサリーにして身につけ、いつも持ち続けることで効果が得られるでしょう。

 

フローライト原石商品一覧

本ページは楽天市場にて、有数の天然石原石取り扱い量を誇る、LuLu Houseによる解説ページです。
フローライト原石も豊富に取り揃えておりますので、ご来店をお待ちしております。

フローライト原石商品一覧

 

その他フローライト商品一覧

原石以外のフローライトアイテムも多数取り揃えております。

フローライト丸玉

フローライト丸玉商品一覧

 

フローライトピラミッド商品一覧

 

フローライトポイント商品一覧

 

フローライトドクロ商品一覧

 

グリーンフローライトクラスター商品一覧

 

このサイトについて




このサイトについて




-使い方, 選び方

Copyright© パワーストーン 天然石通販 LuLu House(ルルハウス) , 2019 All Rights Reserved.