使い方 選び方

エメラルド原石の選び方と使い方

更新日:

エメラルド原石とは

エメラルドは世界四大宝石のひとつとして数えられます。ベリルというグループに属した鉱物で、クロムやバナジウムを含んだ緑色を発色しているものがエメラルドの原石です。

特に明るくて濃い緑色をしているものが最上級とされ、希少価値が高いものとして扱われています。

宝石のエメラルドは加工処理されているため、どのエメラルドも美しく見えますが、原石のままで美しい状態を保っているものは数少ないのです。

柱状の結晶が見られる原石で発色の美しいエメラルドの原石は、そのままインテリアとして飾られたり、お守りとして持ち歩いたりする人もいます。

写真:代表的なエメラルド原石

 



 

意味・効果

エメラルドの原石はパワーストーンとしても人気があります。天然石には石本来が持つ意味や効果があり、エメラルドは結婚や家庭円満をあらわすパワーストーンとして扱われています。

また、夫婦やカップルだけでなく、職場や友達とのコミュニケーションを円滑にする効果があるとも言われていて、持っている人と周囲の人とをつなぐ絆の役割があるとされているのです。

詳しい意味・効果の説明は「パワーストーン辞典-エメラルド」を参照ください。
また、エメラルドと他の石の相性については、「エメラルドと相性の良い石・悪い石」に詳しく記載しております。

 

選び方

エメラルドの選び方は、濃い色をしたものが最上級です。

衝撃や温度変化に弱いという特徴があるため、なるべく傷がついていない原石を選ぶことが大切です。

エメラルドの原石は希少価値が高く、産地も限られています。主にコロンビア・ブラジル・ザンビアの3カ国でしか採取することができないと言われていて、なかでもコロンビア産のものは上質なものが多いとされているのです。

エメラルドの原石は、紫外線や水分によって退色しやすくなっています。選ぶときは保管や展示方法がしっかりしているものを選ぶよう心がけましょう。

また、宝石とは異なり、原石の魅力は石本来が持つ天然の美しさを感じられることです。透明度を重視するのではなく、黒っぽい内包物が見えていたり、少し不透明だったりするもののほうが原石としての魅力は高いと言えます。

特に天然無処理の原石はあまり目にすることがないため、希少価値が高いものです。



 

使い方

エメラルドの原石は、パワーがあることからインテリアとして人気があります。

ただし、置き場所には注意が必要です。直射日光が当たらない場所、急な気温の変化がない場所、湿気や水分の少ない場所に置くと、エメラルドの原石本来の美しさを保つことが可能です。

また、小さなものはポーチに入れて持ち運ぶこともできます。衝撃に弱いという性質があるので、入れ物などに入れて持ち運ぶといいでしょう。

触ったあとには、肌の水分や汚れなどが付着している可能性があります。柔らかい布でこまめに拭きとり、美しい状態を保つように心がけましょう。

 

エメラルド原石商品一覧

本ページは楽天市場にて、有数の天然石原石取り扱い量を誇る、LuLu Houseによる解説ページです。
エメラルド原石も豊富に取り揃えておりますので、ご来店をお待ちしております。

エメラルド原石商品一覧

このサイトについて




このサイトについて




-使い方, 選び方

Copyright© パワーストーン 天然石通販 LuLu House(ルルハウス) , 2019 All Rights Reserved.