使い方 天然石情報

アンモナイト化石の使い方・使い道

投稿日:

アンモナイト化石とは

アンモナイトは古生代シルル紀末期から中生代白亜紀末期までの約5億年も前から生息した、巻貝の形をした殻を持った生き物です。

その生息期間は3億5千万年ともいわれ、広く海洋に生息していました。化石としては非常にポピュラーなもので、その生息期間の長さから多くの年代地層で見出されます。

世界各地の多くの地層から発見され地質学上貴重な資料となります。

多く発見される理由は、生息数の多さ・生息域が広かった・生息期間の長さとともに、劣化がしにくい殻が材質であることです。



特徴

アンモナイトは頭足類の分類群の一つで、すべての種が平らな巻き貝の形の殻を持っているのが特徴です。

その形は年代によって差異が見られ、その種類は限定的であり規則性があるため化石が発見される地層の年代をアンモナイトで特定できるので、地質学上非常に重要な化石です。

アンモナイトの化石は観賞用やアクセサリーとして販売されていますが、古代生物の化石であるということは非常に魅力的で人気があります。

地球上のあらゆる場所で発見されており採掘も容易なため、多くの化石が出回っています。

そのため、比較的手ごろな価格で手に入れることができる化石といえます。

アンモナイトの化石の中には光沢を放つ真珠質層が損なわれることなく化石化した物もあり、アンモライトと呼ばれています。

これは、琥珀・真珠・珊瑚の様に有機質の宝石の一つとなっています。宝石と呼べるほど良質のものはロッキー山脈の東斜面のみで産出します。



使い方

インテリアとして

アンモナイト化石の優れた造形は芸術的価値も高く、多くの有名芸術家からも愛されてきました。

彼らの作品には、アンモナイトをモチーフとした創作物や建築物もあります。

バチカン美術館の二中螺旋階段はアンモナイトをモチーフにした建築物だと言われています。

古代のミステリーや浪漫が詰まったアンモナイトは、見る人を魅了します。

二つとして同じ模様のアンモナイトはありません。お気に入りの化石を見つけたら是非購入して飾ってみましょう。

 

アクセサリーとして

アンモナイトを加工したペンダントやブローチは、個性的でインパクトのあるアクセサリーとして人気が高まっています。

自分が美しいと感じたものを選んで身に着けるのが良いでしょう。

 

 

商品一覧

アンモナイト化石使い方ページは「天然石パワーストーンLuLuHouse」が運営しております。
多数のアンモナイト化石を取り扱っておりますので是非ご覧ください。

 

アンモナイト化石商品一覧

このサイトについて




このサイトについて




-使い方, 天然石情報

Copyright© パワーストーン 天然石通販 LuLu House(ルルハウス) , 2019 All Rights Reserved.