使い方 選び方

フローライトポイントの選び方と使い方

更新日:

フローライトポイントとは

カラーバリエーション豊富なフローライトは、パワーストーンとしても大変人気の高い石です。

フローライトは主に、ブルー、パープル、グリーン、ピンク、クリアなどの色があり、どの色にも透明感を持つのが特徴です。1つの石に複数の色やグラデーションが含まれている物もあって人気があります。お気に入りの色を見つけやすい石と言えるでしょう。

フローライトの和名は『蛍石(ほたるいし)』です。それは、フローライトの持つ成分には紫外線を当てると石が発光するという特殊な性質があるからで、それが蛍石と呼ばれるようになった由縁といわれています。

写真:代表的なフローライトポイント

 



 

意味・効果

フローライトには、無邪気で自由な発想や、思考力、記憶力を高めてくれるという力があり「お仕事がうまくいきますように」との願いを込めて購入、またはプレゼントされることがあります。

また、思考力・記憶力の向上という意味から転じて、フローライトは「天才の石」とも呼ばれますので、受験生のお守りとしても人気の高い石です。

詳しい意味・効果の説明は「パワーストーン辞典-フローライト」を参照ください。
また、フローライトと他の石の相性については、「フローライトと相性の良い石・悪い石」に詳しく記載しております。

 

選び方

モロッコ、アメリカ、スペイン、中国などさまざまな国で産出されているフローライト。なかでも、アメリカのイリノイ州は、上質なフローライトを産出しているとして有名ですが、日本市場に出回っている物は中国産の物が多いようです。

多くの天然石は、石の透明度によって価格に差が出るものです。しかし、フローライトという石は、不透明な物が存在しないので、石の透明度が価格の差として現れてくることはほとんどありません(一部を除く)。

当然ですが、石の大きさは価格にも大きく影響します。大きく重たい物は価格も上がりますので、購入する際は必ずチェックする必要があります。

また、フローライトはカラーバリエーション豊富な石ですが、色の違いで価格に大きな違いが生まれるわけではありません。自分の好きな色、欲しい効果を持つ色などを選びやすいというのは嬉しいポイントですね。



 

使い方

フローライトの特徴として、熱や紫外線に弱いということがあります。そのため、購入後、自宅に飾っておくのであれば、直射日光に当たらない場所に置きましょう。誤って、窓際などに置かないように注意したいですね。

また、フローライトは硬度の低い石です。ぶつけたり、擦れたりというような衝撃を与えてはいけません。軟らかい石であることから加工が難しく、アクセサリーとしてはブレスレットなどにされている物が多く、望遠鏡のレンズに使われることもあります。

さらに、水にも弱いという性質を持つので、長時間水に浸けるということもできません。汚れが気になるときは、柔らかい布でさっと拭き取るようにしましょう。

 

フローライトポイント商品一覧

本ページは楽天市場にて、有数の天然石原石取り扱い量を誇る、LuLu Houseによる解説ページです。
フローライトポイントも豊富に取り揃えておりますので、ご来店をお待ちしております。

フローライトポイント商品一覧

その他モリオン商品一覧

原石以外のフローライトアイテムも多数取り揃えております。

 

フローライト原石商品一覧

 

フローライト丸玉

フローライト丸玉商品一覧

 

フローライトピラミッド商品一覧

 

フローライトドクロ商品一覧

 

グリーンフローライトクラスター商品一覧

 

このサイトについて




このサイトについて




-使い方, 選び方

Copyright© パワーストーン 天然石通販 LuLu House(ルルハウス) , 2019 All Rights Reserved.