使い方 選び方

シトリンポイント原石の選び方と使い方

更新日:

シトリンポイントとは

シトリンの由来は、シトロンという柑橘系の果実から来ているといわれています。微量の鉄分を含有することで、透き通った薄いレモン色のような黄色から飴色のような橙に近い黄色にまで発色します。

11月の誕生石にもなっていて、和名は黄水晶です。太陽のエネルギーを持つといわれるだけあって力強い輝きを放ち、持つ人にもそのエネルギーを与えてくれます。

ポイントは小さいものであればお守りとして身につけ、大きいものは飾って浄化のために用いられることが多いです。先端に向かってパワーが集中するという意味の形状をしています。

写真:代表的なシトリンポイント

 



 

意味・効果

黄色の宝石といえば金運が連想されますが、このシトリンも富と繁栄をもたらす幸運の石とされてきました。

商売繁盛や金運上昇、運気上昇が期待できる石です。太陽のような輝きが持つ人に明るさや自信を抱かせ、エネルギッシュな気持ちになれるといわれています。

新しく事業を始める人やネガティブ思考になりがちな人を、前向きでいい方向へと導いてくれる効果があります。

詳しい意味・効果の説明は「パワーストーン辞典-シトリン」を参照ください。
また、シトリンと他の石の相性については、「シトリンと相性の良い石・悪い石」に詳しく記載しております。

 

選び方

シトリンの主な産地は、ブラジルです。しかしながら、天然のシトリンは希少性が高いため一般の市場にはほとんど出回っておらず、宝飾品に使用されるか原石のままで置物として取引されることが多い品物です。

手に入れる場合はアメジストを熱加工したシトリンがほとんどですが、熱加工については地熱か人工かというだけの違いなので、偽物という訳ではありません。

もし天然か熱処理かを判断したいという場合は、専門の鑑定に出さなければ分からないというほどです。

ただし、人工的に熱加工した場合はクラック(ひび)が入りやすくなります。天然シトリンのようにクラックが少ないものも透明感が際立って魅力的ですが、クラックが光に反射してきらきらと輝く様子も神秘的できれいです。

反対に、クラックが同じものはひとつとしてないので、お好みのシトリンを探してみてください。市場に出回っている熱処理のシトリンであれば、お値段も手の届く範囲です。



 

使い方

シトリンのポイントを飾るのにおすすめの場所は、玄関などの出入り口です。人の出入りがあるところから、商売繁盛の運気を取り入れてください。

金庫や通帳と一緒にしておくのも、財運アップに繋がります。太陽と同じく陽のエネルギーが強いので、明るい気を取り入れたいという場合はリビングなどに置くのもいいです。

一方で、トイレや脱衣場などマイナスな運気が溜まりやすいところに置いて、悪い気を取り払ってくれる効果もあるそうです。

ただし、シトリンは太陽光に弱いようで、置き場所によっては美しい黄色が薄く抜けてしまう可能性があります。その点に注意しつつ、用途に合わせて飾ってみてください。

 

シトリンポイント商品一覧

本ページは楽天市場にて、有数の天然石原石取り扱い量を誇る、LuLu Houseによる解説ページです。
シトリンポイントも豊富に取り揃えておりますので、ご来店をお待ちしております。

シトリンポイント商品一覧

 

その他シトリン商品一覧

ポイント原石以外のシトリンアイテムも多数取り揃えております。

シトリン丸玉

シトリン丸玉商品一覧

 

シトリンペンダント商品一覧

 

このサイトについて




このサイトについて




-使い方, 選び方

Copyright© パワーストーン 天然石通販 LuLu House(ルルハウス) , 2019 All Rights Reserved.