水入り瑪瑙の意味・効果

水入り瑪瑙



水入り瑪瑙

瑪瑙(アゲート)の一種で、石の中に水が入ったものを「水入り瑪璃」と呼んでいます。

瑪瑙はひとつの結晶のように見えますが、たくさんの石英結晶が集まってできている、美しい縞模様の半透明のパワーストーンです。
名称の通り、天然石の中に水が閉じ込められており、その神秘的な構造が幸運を招く石と言われています。






意味・効果

水入り瑪瑙は石の成長過程で何らかの要因が重なりその時の水が閉じ込められた大変希少価値の高いめのう原石です。その水は石の形成された時代(約6,000年から1万年前)の太古の水です。
古代の水が、未知のパワーと共に封印された不思議な石の水入り瑪瑙。太古の水は「不老長寿の妙薬」と言われています。水入り瑪瑙を持っていると、夢に近づく方法を示してくれたり、良い人脈を築けたり、事業の成功に導いてくれます。


[こんなときにもおすすめ]
 ・愛を象徴する石と言われる。
 ・家族愛を深め、強い絆で結びつけると言われる。
 ・長寿や富、健康をもたらすと言われる。
 ・競技者を不敗にするといわれる。
 ・対人関係によっておこる失敗や不幸を防ぐ力があるとされる。




色とパワーストーンとの関係

 色には色それぞれにカラーパワーを持ちます。色のパワーを身に着ける、もしくはそばに置くにはパワーストーンが最適です。 着衣やカバン、胸元、またはお部屋の目立つ場所や、自分の大切なもののお守りとして持つことがおすすめです。自分が常に携帯しているお財布のなかに入れるのも良いでしょう。
 個々のパワーストーンが持つ色は自然界で生成された自然そのままの純粋色のため、効果もストレートに感じることになります。色の持つパワーとパワーストーンは非常に相性が良い組み合わせでしょう。

以下は水入り瑪瑙の対応色です。

  ■色の持つ力とその力がもたらす効果
   茶色:★調和力★ 和気あいあい、追い風を感じる、我慢強い
   白(透明):★洗浄力★ 純真さ、清らかさ、透き通る心
   青:★解放力★ 覇気、自由を感じる、ゆったりした気分に浸れる
   赤:★変革力★ 気合い、活気ある、権力、再生へつづく
   緑:★友好力★ 納得の追及、中立的、控えめ、仲介力
   黄:★挑戦力★ 流行を好む、開拓精神、折れない心
   黒:★考察力★ 深い思考に心がける、認める判断、用心深くなる




相性の良い石・悪い石

天然石を組み合わせるときには、天然石同士の相性を考えて、組み合わせることが大切です。
良い相性の石を組み合わせると効果は倍増しますが、悪い石を組み合わせると、問題が起こることがあります。

水入り瑪瑙と他の石の相性については、下記のリンクを参照してください。

 ■瑪瑙と相性の良い石・悪い石



品質の見分け方

いろいろな呼び名がありますが、いずれも色や模様のはっきりしたものが高品質で、価値が高いとされています。

お手入れの浄化方法と注意点

潜品質石英という特徴から、太陽光に頻繁に当てたり、流水で洗ったりすると、石の色 が濁ったり、石質が変化することがあります。お守りとして活用している場合は、このことを理解したうえで、流水と日光浴による浄化を行うのが望ましいでしょう。超音波洗浄は可能。

★★★★★ 効果的な浄化方法 ★★★★★
浄化方法-水-効果なし 浄化方法-日光-効果なし 浄化方法-月光-効果あり 浄化方法-塩-効果なし
浄化方法-アロマ-効果あり 浄化方法-土-効果なし 浄化方法-水晶クラスター-効果あり


石にまつわる逸話

アゲートは古来、変わった使い方をされてきたようです。古代ペルシャでは、この石を焼いた煙が台風や竜巻の進路をそらして、川の流れを止めると信じられていました。
また、ヨーロッパでは、広い海の中で真珠を見つけるために、アゲートの不思議な力を借りたといわれます。アゲートをロープに結びつけて海に投げ込むと、石が真珠を求めて海の底を移動し、それが止まったところに潜ると、石の横に真珠が見つかったそうです。


豆知識

アゲートの名はイタリアのシチリア島にある「アカーテ川」に由来しているといわれています。日本では「瑪瑙」と呼ばれるほうが一般的ですが、これは外見が馬の脳に似ていることからきています。アジアでは印鑑の材料に用いられることもあります。

瞑想とアロマ(香り)

瞑想と香り オリエンタル系の香りやハーブ系の香り、ジャコウ系の香りに包まれての瞑想がいいで しょう。 宗教と関連の深いパワーストーンなので、神霊とのつながりを意識することにより、祖霊や守護霊の守りが得られます。願い事を深く思い描いて瞑想してみましょう。

石の形による特徴について

画像 説明
クラスター クラスターというのは、柱状になっているクリスタルの結晶が仲良く群れをなしている姿から、無限の可能性を秘めた『地球の宝物』 と称えられている天然石です。存在感のある柱状ポイントが人生の道しるべとなるべくパワーを放出するでしょう。
ピラミッド ピラミッドはその形からパワーストーンのパワーをもっとも高めるとされています。アクセサリーの浄化やパワー充填、お部屋の癒し・浄化アイテムとしておススメです。
球体 球体の石は無限の広がりと完全性を表し、パワーを全方向にまんべんなく出しています。占いで使われるときのように、何か知りたいことがあったら、心と思考をしずめて石に波長を合わせて聞いてみるとよいでしょう。ひらめくような答えが得られるかもしれません。浄化力もあるので、部屋に置いておくとやすらぎのエネルギーで満たされるでしょう。
ポイント ポイントはその形から、パワーストーンの力を最も高めるとされています。パワーストーンのポイントには発展と拡張のパワーがあり、先端の尖った部分からエネルギーを発しています。握って瞑想したり、対象物に向けてエネルギーを入れることもできます。
また、ポイント型天然石は先端の尖っているポイントからエネルギーを出す事によって、その場や物等のマイナスエネルギーを跳ね返し、浄化する作用があると言われています。
ダブルポイント ダブルポイント型の天然石は理想を実現するパワーをもたらしてくれたり、悪夢を見るのを防いだり、内的自己と外的自己の調和を促します。
また、コミュニケーション能力向上・意思疎通の効果があり、意志の通じない相手や自分の意志を伝えたい人、思いを届けてくれるでしょう。恋人や友人に心を通じさせたいと思う人のサポートとなるがのがダブルポイント型(ダブルターミネイテッド)の天然石です。
六芒星 「六芒星/ヘキサゴン」の形状は、東洋の各地や日本でも古くからパワーアイテムとして使われています。ダビデの星、あるいはソロモンの封印とも呼ばれる、正三角形と逆三角形を重ね合わせた模様です。「霊体と肉体の結合」「火と水の結合」などを象徴し、強力な護符としての機能を持つとされております。
また、錬金術では六芒星を賢者の石を象徴するシンボルとして扱われています。日本の陰陽道では清明紋とも呼ばれ、お払いのアイテムとして用いられています。中国ではこのマークは財運を高めるとされ、株式投資やギャンブルや大切なビジネス折衝・契約時に人々にお守りとして好まれています。

天然石情報

石言葉 不老長寿
和名 水入り瑪瑙
英名
別名
守護星座 『おうし座(4/20〜5/20)の守護石』、『ふたご座(5/21〜6/21)の守護石』、『かに座(6/22〜7/22)の守護石』、『てんびん座(9/23〜10/22)の守護石』
誕生石
十二支
カラーバリエーション 赤、青、緑、黄、黒
産地 ブラジル、ウルグアイ、インド、アメリカ、南アフリカ共和国、等

■パワーストーンの意味や効果に関する記載について
パワーストーンの意味・効果・特徴として掲載している内容は古来からの言い伝えや出版物等の情報から作者がわかりやすくまとめたものです。絶対的な効果を保証するものではないことをご理解願います。また、健康面の記載に関しては、現代医学で効能が立証されたものではないことをご理解ください。



   

人気商品

※アクセサリー、アイテム別にご覧いただけます。

パワーストーンの選び方

パワーストーン基礎知識






副業ブログ

天然石の詳しい説明